2011年11月05日

ブリティッシュエアウェイズの機内食

みなさん、こんにちは。
シン猫です。

11月だっていうのに、この暖かさ。
何なんでしょう。
でも、この暖かさは月曜日頃までとか。
急に気温が下がったらどうしよう。
猫用のこたつを買ってもらわないと。。。

ところで、僕らの仲間がこの間、イギリス・フランスに行ってきました。
旅行の中身についても、後から報告するかもしれないけど、
今回はその旅行に利用した、ブリティッシュエアウェイズの
機内食をご案内しちゃいます。

  ↓トマト味ペンネ・パスタ、         ↓(おやつ)チョコマフィン、ショートブレッド(ウォーカーズ)
   ポテトサラダ、アップルパイ
       怪しげな野菜ペースト(でも意外とイケた!)&クラッカー等
IMG_0002_R.JPGIMG_0005_R.JPG 

マカロニ・グラタン、チョコレート・フィナンシェ、紅茶
(照り焼きチキンか、グラタンのどちらかのチョイスです。)
IMG_0008_R.JPG


ロンドンからの帰りの便の夕食
「ロースト・ビーフ」をチョイス!
乱気流に巻き込まれている最中、夕食タイムになった為、
ちょっと写真がぼけてる気がしますが、
ヨークシャー・プディング(真ん中がへこんでいる丸いパンのような物体)。
ローストビーフは、ポテトがごろごろ転がっている下に、
容器の底の方に、何枚か敷いてあったので、写真に写らず、残念。
デザートは、梨のコンポート。
(ヘーゼルナッツ味の生クリームが上に載っていて、見た目に反して、味良し!) 
サラダは、バジル風味の冷製ショート・パスタに、トッピングが刻みトマトと、なぜか、マイタケ。
IMG_0781_R.JPG

→(朝食)
「イングリッシュ・ブレックファースト」をチョイス!
「イギリスで美味しい食事を取るならば、3食朝食を食べるべきだ。(by サマセット・モーム)」なんて
言われるだけあって、裏切らない味! 
イギリス独特のソーセージ<別名:バンガーズ(bangers)ともいいます。>
しょっぱいカリカリに焼かれたベーコン、焼きトマト、マッシュルーム、卵料理、
ナッツ・マフィン、ヨーグルト(マンゴー&パイナップル&パッションフルーツ味)
オレンジジュース、紅茶


IMG_0782_R.JPG
 
イギリスの食事は『・・・・』と言われることが多いけど、
ブリティッシュエアウェイズの機内食には満足したって。

航空会社を選ぶ基準は、それぞれだと思うけど、
機内食で選んで見るのも、面白いかもね。
シンでした。


posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 11:00| Comment(0) | 機内食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

ルフトハンザの機内食

みなさん、こんばんは。
狭い所に入るのが好きなシン猫です。
ちなみに、今僕が入っているのは選択もののカゴ。

CIMG2029.JPG

先日ルフトハンザに乗ってきたので、
その時の機内食を、紹介しちゃうよ。


CIMG1637.JPG

違う名前がついてたけど、かつ丼だよね?
ちょっと甘かったけど、おいしかったよ。

CIMG1636.JPG

こっちは、チキンのロースト。

ちなみに僕の好物はホタテと甘エビ。
ホタテと甘エビづくしの機内食、どこかの航空会社でやってくれないかな。


このルフトハンザに乗って、僕はイタリアに行ってきたんだけど、
ローマでハプニング。

CIMG1792.JPG

トレビの泉に、上半身裸でおじさんが入り込んで、なんか叫んでた。
ひゃあ〰、足滑らせないかな・・・なんて心配してたら、
警察がすごい勢いで来て、周辺の道を封鎖。
僕も含め、周りにいた観光客はみんな、トレヴィの泉の近くから、
追い出されてしまった。
あの後、おじさん、どうなったかな・・・。

おじさんのことが心配なシンでした。
posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 19:16| Comment(0) | 機内食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

スペイン日記〜EXTREMADURA・出発編その2〜

こんにちは。
またまた ハナかわいいです。
HANA5.jpg

今回はやっとスペインへ向けて飛行機に乗ります飛行機ダッシュ(走り出すさま)

ここで、いつもちょっと悩むことと言えば、、、
搭乗前に何か食べるべきかどうか、、、

旅行初日ということもあって、気分が高まっているので、
チェックインフロアにあるカフェとか、滑走路が見えるレストランとか、
特別なものではないけれど、何か食べたいるんるんとウキウキしてしまいます。
しかも夜便ともなるとちょうど夕食時!
どうしようか迷いますよね。
そこで、今回は機内食の出てくるタイミングをレポートします。

※食事や出発時間は、気流の関係で飛行機の安定具合などによって変わります。
 機材も変わる場合があるので、あくまで参考までにご覧ください。


確か去年、今年と同じ夜の便に乗った時、ウキウキして空港のカフェでスープとパンを食べて乗ったら、
意外と早く機内食が出てきて、おなかが一杯で食べられなかった思い出があるので、
今回は欲望をグッと押さえて、何も食べずに搭乗口へ向かいます。

21:15 ゲートにて搭乗開始
      今回は、AF277便 Boeing 777-300ER機材。
      最新のエアバスA380機ではないのでちょっと残念・・・
      エコノミークラスの座席はこんな感じです。
  27座席_R.jpg   

  ハナはいつもエア枕を持っていくのですが、
  椅子の背もたれには枕のようなもの(?)が付いています。
  そのため、エア枕も使うと首が前に出すぎてしまいます。
  でも背もたれの枕だけでもしっくりこないし・・・。いつもちょうどいい感じが掴めません・・・。
  26座席_R.jpg

  ビデオモニターはこんな感じです。
  横のリモコンでも操作できるし、画面もタッチパネルになっていますよ。
  25モニター_R.jpg


出発を待っている間にCAさんからアナウンス。
このエールフランスの夜発の便は、日中の便よりも飛行時間が長いんですってexclamation×2
なぜ夜便はフライト時間が長いか知っていますか?
なぜなら、パリのシャルル・ド・ゴール空港がオープンするのが朝04:00からだからなんです。
CAさんのアナウンスも「パリの空港のオープンが04:00からのため、
このようなフライトスケジュールをとるハメになっております。」って、、、
                        ↑”ハメ”って・・・たらーっ(汗)
                         そんな言い方しなくても〜、ってちょっとおかしかった猫

今回利用する、21:55成田発 AF277 は、パリまでフライト時間 14時間25分
パリ到着は04:20の予定です。
パリの空港がオープンするまで通常よりゆっくり目に飛ぶのか、ちょっと遠回りするのか、、、

日中の便、12:55成田発 AF275 だと、パリまでフライト時間 12時間20分なんですよ。



出発はほぼ定刻どおり。
その後、22:40頃、イヤホン、耳栓、アイマスク、お手拭、食事のメニュー表が配られます。
ハナはその時浅い夢の中だったため、前の席のポケットに入れてありました。
28メニュー_R.jpg

23:00(出発1時間後くらい) 簡単なスナックとドリンクが出ます。
29スナック_R.jpg

23:30(出発1時間半後くらい) ちゃんとした食事が始まります。
CAさんが、お魚かお肉の希望を聞きにくるので、事前にメニュー表を見て心に決めておきました。
今回のメニューは・・・
 ・鱒の燻製といかのマリネ
 ・パスタサラダ
 ・メインコース(どちらか選択)
  @カントリー風牛肉のソテー、ペンネパスタ、グリーンピース
  A舌平目の雲丹ソース添え、貝柱、椎茸、ご飯
 ・チーズ
 ・レモンケーキ
 ・コーヒー、紅茶

今回選んだのはお魚メニュー。
30-1食事_R.jpg


24:00 食事が終了し、食器が片付けられます。
      普通は食後のコーヒーか紅茶などがまわってくるんだけど、
      今回こなかったな〜?

このあとはしばらくお休みタイムです。
映画を見る人もいますが、ハナはひたすら寝ます


現地時間 02:40(出発14時間40分後、目的地まで約1時間半) 朝食のような簡単な食事が出ます。
前の食事から約13時間たっているので、かなりおなかがすいていて、もりもり食べます。
(途中でおなかがすいた人は、ギャレーでドリンクやスナック、カップラーメンなんかがありますよ!)
今度は食後のコーヒーもまわってきましたるんるん
30食事_R.jpg

現地時間 04:05 シャルル・ド・ゴール空港到着
  ランディング後、ゲートまで移動をして、ちょうど04:20にゲートに到着、といったかんじ。

パリの空港に到着したら、今度はマドリッド行きに乗換えます。
日本からの便を降りたら、乗り継ぎの看板にしたがって進みましょう。
  31コネクション_R.jpg
今回はシェンゲン協定国の乗り継ぎなので、パリで入国審査をします。
早朝なのでガラガラで、すぐそこに入国審査の係員が見えているのに、
一直線には行けず、迷路のように仕切られた通路をうねうねと進みます。
たまに思わぬところで行き止まりになっていて本当に迷路みたいあせあせ(飛び散る汗)
  32コネクション_R.jpg
今回はターミナル2Eから2Fへの移動。
入国審査を終えたら一度下へ降りて、2Eから2Fへの通路を通ります。
  33コネクション_R.jpg   →   34通路_R.jpg  → 
  37ターミナル2F_R.jpg自分のゲート番号を見つけたら、手荷物検査を受けて中へ入ります。
  38ターミナル2F_R.jpgまだカフェもオープンしておらず、シーンとしています。
                    ガラス貼りの天井もまだ夜空です三日月

  39ターミナル2F_R.jpg  40トイレ_R.jpg時間もあるのでとりあえずトイレへトイレ
                               ターミナル2Fのトイレは、パン屋さん「PAUL」の下にあります。



41カフェ_R.jpg05:30ごろ まだカフェは開きません。

42カフェ_R.jpg06:00ごろ やっといくつかカフェがオープンしだしました!


ちょっとうとうとしたり、開いてきた免税店を眺めたりしていると、
マドリッド便の出発時間に。
AF1000 07:15パリ出発です。

機材は、Airbus Industrie A320-100/200。
座席はこんな感じでした。
44椅子_R.jpg

席はちょうど翼の後ろ。
この翼で飛んでいるのか〜、と思うとしみじみ見つめてしまいます目
45翼_R.jpg

こちの機内では、離陸後すぐ、簡単なスナックが出ました。
ドリンクは、ホットチョコレイトをオーダーるんるん
パンはおかわり自由でしたよ。
46スナック_R.jpg

マドリッドの到着は少し遅れましたが、無事到着。
荷物受け取り「Baggage claim/Recogida de equipajes」の看板に従って移動します。

47出口_R.jpg

48トイレ_R.jpg荷物が出てくるまでちょっと時間があるのでまたトイレへトイレ
         マドリッドの空港トイレはこんな感じ。

ターンテーブルが並ぶフロアに出たら、自分の乗ってきた便名がでているモニターを探します。
49ターンテーブル_R.jpg

モニターにはたくさんの人が荷物を待っています。
51ターンテーブル_R.jpg

万が一、いくら待っても自分の荷物が出てこなかった場合・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ターンテーブル近くの、↓のような看板のあるカウンターへ行ってロストバゲージの手続きをしましょう。
50ターンテーブル_R.jpg
かわいいロストバゲージの手続き方法、注意点は、ビッグツアーでお渡しする最終書類をご覧下さいねかわいい


荷物を受け取って外へ出ると、やっとマドリッドですー
これからEXTREMADURAへ向かいますー(長音記号2)



 


 

posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 12:00| Comment(0) | 機内食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。