2012年05月31日

バルセロナのバル情報 その1

3_R.jpg

こんばんワン。ハグです。

今回もバルセロナの特班員によるスペイン情報をお届けするワン。

577665_167268536733776_119712278156069_222899_1436160794_n_R.jpg

今回はバルセロナのピカソ美術館のある通りに面したEuskal Etxeaというバルをご紹介じゃ

576687_167269053400391_119712278156069_222901_2048514582_n_R.jpg

いろいろな創作ピンチョス(おつまみ)が並びます。どれをとっても全部同じ値段(1.80ユーロ)。
注文方法は、お皿に好きなものを好きなだけ取って食べ、会計時にレジに串を乗せたお皿を持って行き、
串の数(+飲み物)だけ支払うシステムなのじゃ

543030_167269390067024_240469755_n_R.jpg

こちらは手前にある丸テーブルとスツールの席。この奥に普通のテーブル席もあります。

531333_167269583400338_119712278156069_222904_1645910573_n_R.jpg

さすがバスク文化センターが経営するだけあって、壁にはこんなアートが飾られているんだワン

526107_167270136733616_119712278156069_222907_1011874195_n_R.jpg

創作ピンチョスらしく、材料もいろいろと使っていて、デコレーションもいい感じ・・・

546717_167272586733371_1262362900_n_R.jpg

続けてチョリソーのピンチョス。なかなかのボリュームじゃな。

バルセロナには他にも個性的なバルが色々あるのじゃ

そんなバルセロナのバルを体験したい人にぜひお薦めのツアーがこれだワン


たっぷり満喫【バルセロナ6日間】◎ガイドお薦めのバル巡り◎(スタンダードクラス・デラックスクラス)
http://www.big-tour.com/spain/spain_12aw_60_02.html


次回はまた他の店を紹介するワン。


住 所 : Placeta Montcada, 1 08003 Barcelona
電 話 : 93 310 21 85 / 93 310 22 00
最寄駅 : Jaume I【Metro-L4】
Web : http://www.euskaletxea.cat/

posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 18:24| Comment(0) | ヨーロッパ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

スペイン 牛追い祭りのもうひとつの楽しみ方♪

こんにちは。
ハナです。
HANA2.jpg

 

今日はスペインでも三大祭りの1つ、パンプローナの牛追いお祭りのお話。

今年の牛追い祭りは、7月6日〜14日。
ポスターのメインは「カラビナグレ」(仏頂面(直訳するとお酢顔・・・))。

サン・フェルミン.bmp

なぜか子供たちにも人気ものの彼。
ポスターのイメージキャラクターに選ばれました!


牛追い祭りといえば、もちろんメインは牛追い。
みんなそれを見に行くんだけど、実は他にも面白イベントがあります。

まずは、お祭りにはかかせない「ヒガンテス」(巨人人形)
comparsa2g.jpg

牛追い.jpg

ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカの4大陸の王様と王妃を意味する、
約4m近い人形が8体並びます。
この巨人人形が、音楽が鳴り出すと同時に、向き合ったり、くるくる回ったり、
踊りながら街をねり歩きます。

ちなみに、なぜオセアニアの王様と王妃がいないのかは不明だそう・・・

ヒガンテスと並んで、お祭りの人気者なのが、
「カベスード」(頭でっかちの人形)。


カベスードは、「おばあさん」や「おじいさん」だったり、
「ハポネス」(日本人男性)、「ハポネサ」(日本人女性)、
などなどいろいろなカベスードがいて、みんなに写真をせがまれます。
牛追い1_R.jpg
顔の下に顔が出てる!!ちょっと怖いかも・・・
でも子供たちには大人気るんるん

その他、カベスードの仲間にキリキというのがいます。
キリキは大きな帽子をかぶっていて、ベルガと呼ばれるスポンジの塊をもっています。
そのベルガで子供たちを追いかけてを叩いてまわるので、
子供たちはみんな逃げ回ります。

キリキの中でも一番人気はやっぱりカラビナグレ。
comparsa4g.jpg
とっても怒りっぽい性格で、ビシバシ人を叩いて回るのに、
みんな大好きな人気者。

牛追い (1).jpg

子供を追いかけて叩くんだけど、
実際は大人も容赦なくたたかれちゃうみたいなので気をつけて!わーい(嬉しい顔)

他にも、馬に乗ったサルディーゴなどもいます。
本当に馬に乗っているのではなくて、乗っている風ですけどね。

牛追い (4).jpg

牛追い (3).jpg

牛追い (2).jpg
馬に乗ってかっこいいはずなのに、なぜか笑われてしまうサルディーゴー(長音記号2)


このヒガンテスやカベスードは、16世紀の頃から行われていた記録があるんだって。
これらは牛追い祭りに限らず、他のお祭りでも見ることができますよ!

その街によって、特色あるヒガンテスが登場します。
これから各地でお祭りの季節ですね。
実際に参加して、盛り上がりを肌で感じてみたいですねるんるん
危険な牛追いや闘牛だけじゃない、フィエスタ(お祭り)の魅力を
満喫したいですね〜!

ハナでしたかわいい


DH000046.JPG

posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

モン・サン・ミッシェルへの新アクセス

こんにちは。
ハナです。
090923_1625~0001.jpg

とうとうスカイツリーがオープンしましたね〜
完成した姿は結構前から見ていたので、いまいち新鮮味がないといえばないのですが、、、
展望台など、別にビル郡の眺めなんて東京タワーとか、森ビルとかからと
そうかわらないんじゃない?
と、スカイツリーに対しては冷めてる派だったのですが、
実際に夜光っている姿を見ると、ちょっとウキウキしちゃいますねるんるん
長蛇の列に並ぶのはちょっと、、、と思いますが、
そのうちすいたら、一度登ってみたいな〜と思います。
(しばらく(数年?)混みそうだな〜)

スカイツリー.jpg


スカイツリーに登るのはまだまだ先になりそうですが、
新しいものといえば、先日初めて、羽田空港の国際線ターミナルを利用しました!
(もうそんなに新しくないexclamation&questionがく〜(落胆した顔)
建物は新しいだけあってキレイ!ぴかぴか(新しい)

4階の江戸小路でも、たくさんのレストランが遅くまで開いていて、
出発前に食事を楽しみに、早めに空港へ到着するのもお勧めです。
でも、その他のショップはやっぱり成田の方が充実しているかな、、、というイメージ。
規模が違うので、あたりまえなんですけど。

前置きが長くなりましたが、、、

今日は、フランス モン・サン・ミッシェルの新しいアクセス方法についてご紹介します。
先月、4月28日からモン・サン・ミッシェルの美しい景観を取り戻すため、
そのアクセス方法が新しくなりました。

まず、車、バスなどで向かう場合、陸地側、約3kuのエリアのウェルカムゾーンにある、
駐車場、又はバス停にて一旦乗り物をおります。
駐車料金と駐車場でのサービスには以下のものなどがあります。
・自家用車      8.5ユーロ/日
・キャンピングカー 12.5ユーロ/日
・オートバイ      3.5ユーロ/日
・自転車 駐車場内および、ダム付近に無料駐車場あり
・1時間未満の駐車   3ユーロ
・30分未満の駐車    無料
・年間契約(自家用車) 34ユーロ
・手荷物預かり       2ユーロ
・ペット預かり        7ユーロ
 (修道院、およびシャトルバスはペット禁止です。)
・観光案内所
・トイレ

その駐車場から、クエノン川河口ダム近くにあるシャトルバス乗り場まで、
整備された遊歩道を徒歩で移動します。
遊歩道には、河口ダムの上にプロムナードデッキも作られており、
そこで休憩をしたり、壮大な景観を楽しみながら歩くことができます。

シャトルバス乗り場へ到着したら、そこからモン・サン・ミッシェルへの移動方法は
3通りあります。

@そのまま徒歩でモン・サン・ミッシェルへ

Aル・パッサー Le Passeur
 無料シャトルバス
 定員66名
 最大5台が運行しており、2分30秒〜7分の運転間隔で運行しています。
 
Bラ・マランゴット La Maringote
 有料/馬車型シャトルバス
 2頭の馬がシャトルバスを牽引します。
 定員50名
 最大6台のマランゴットが、10分毎に出発します。
 所要時間約15分です。
 <料金>
 片道(大人)      4ユーロ
 往復(大人)     6.5ユーロ
 片道(14歳未満)   2ユーロ
 往復(14歳未満) 3.25ユーロ
 4歳未満の子供      無料



バスや車の降車場からモン・サン・ミッシェル入り口までの
所要時間は、シャトルバス乗り場までの徒歩時間を考えると
約25〜30分くらいはみておいたほうがいいみたい。、
ル・パサーなどの待ち時間や歩きながらの写真撮影などで時間をとられると、
45分くらいかな?


1995年から調査が始まり、2005年に着工したこの新アクセス計画。
完全に完成するのは2015年の予定ですが、
まずは、先月から、シャトルバスへの乗り換えが始まりました。
ちょっと面倒なようですが、自然に対岸からの景色も楽しめる作りになってるし、
なんといっても世界遺産でもある美しい景観を守るため!
と思ったらちょっと気持ちがいいですよね。

一度行ったことがある方でも、この取り組みの成果を見に行ってみるのもいいかも!

ハナでしたかわいい

posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。