2011年10月28日

駐車違反

皆さんこんにちはテンです犬

いよいよ冬も本格化exclamation
という気配がしてきましたねわーい(嬉しい顔)

私は、最近会社のドアを開ける際に冬将軍に辻斬りされていますもうやだ〜(悲しい顔)
静電気がたまりやすい体質らしく、毎回指先を攻撃されて参ってしまいますバッド(下向き矢印)
静電気除去シートを買うかどうか迷ってしまう今日この頃です・・・

今日は、静電気とは関係ないですが駐車違反のお話です。

イタリアのシチリア島で、2008年に駐車違反をした女性になんと約3万2000ユーロ(約340万円)
の支払い要請が来てしまいました。女性はこの金額をみてめまいを起こし倒れてしまったらしいですがく〜(落胆した顔)

日本で駐車違反をした場合、
1〜3点の減点+大型車『約25,000円』,中型車『約18,000円』,2輪・原付『約10,000円』
かかるらしいです。
酒気帯びで駐停車禁止場所で駐車している場合は、なんと一発で免許停止になるらしいので気をつけましょうわーい(嬉しい顔)

イタリアの方はなんでこんなに駐車違反金が高いのexclamation&question
と思っちゃいますよねひらめき

なんとこの金額の理由は金額入力をする職員さんが、2008年を208年と間違えて入力ふらふら
208年といったら紀前年!その時代に車を持って行くならドラ○モンのタイム○シーンを使わないといけないですねあせあせ(飛び散る汗)

実際の違反金は1万円で女性の夫が支払いに行ったそうですわーい(嬉しい顔)

みなさんも海外でレンタカーを借りて運転したいという場合はくれぐれも交通マナーには注意をしましょう。

テンでした犬
posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

モナコマラソン

みなさんこんにちは!!テンです犬

本日は見事なほどの秋晴れ!!
最近ハマっているランニングがしたくてウズウズしてしまいますあせあせ(飛び散る汗)

今日は、そんなランニングマニアにお勧めのご案内!!

モナコマラソン』です。
モナコマラソンは、世界中でも珍しい3カ国を駆け抜けるルートです。

種目は全3種類!!
@リヴィエラ・クラシック・コース(23.5キロ)
リヴィエラ・クラシック・レース:イタリアの町ヴァンティミリアから出発して、フランスの町マントン、
ロックブリュン・カップ・マルタンを通り抜け、モナコでゴールします。リヴィエラ海岸沿いを走り、
3ヶ国を通り抜ける世界的に珍しい全23.5キロのレースです。

スタート:午前9時30分
制限時間:2時間45分

Aモンテカルロ・レース(10キロ)
モナコ公国の中心に位置し、F1グランプリのスタート地点としてもお馴染みのエルキュール港
をスタートし、大公宮殿、大聖堂などが建つ旧市街モナコヴィル地区やモナコのシンボルでも
あるグランカジノが建つモンテカルロ地区など、モナコの主要なエリアを走り抜ける全10キロ
のコースです。

スタート:午前9時00分
制限時間:なし

Bモナコ・リレー(3キロウォーキング&7キロラン)
二人一組になり、3キロのウォーキングと7キロのランニングを
一人ずつが行うレースです。

スタート:午前9時00分
制限時間:なし

完走者には記念として、
【1】記念メダル
【2】Tシャツ
【3】モナコ唯一の地ビール“ブラッスリー・ド・モナコ”の生ビール
をもらえます。

マラソンに参加するには必ず事前エントリーが必要になるから、
必ずモナコ政府観光局に確認してね。
http://micemonaco.jp

モナコマラソンを組み込んだ旅行をご希望の方は
ビッグツアーに相談してねわーい(嬉しい顔)

テンでした犬
posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

チュッパチャップス♪

こんにちは。
ハナです。
PICT0442_R.jpg

みなさん、
みなさんご存知のチュッパチャップスって、スペインの会社のものだったって知っていましたか?
ハナはつい先日その事実を知りました!!
色使いや味など、見るからにアメリカっぽいな〜と思っていたけど、
(アメリカ人がよくなめてそうなイメージもあるし、、、(偏見かな!?))
実はスペイン発なんです。

1958年 スペインのGRANJA ASTURIASという会社から、
「GOL」というブランド名でロリポップが発売されたのから始まり、
1962年に、現在の「CHUPA CHUPS」というブランド名で初めて発売されました。
そのころのロゴは現在のものとは違い、
不二家のペコちゃんそっくり!!

そして、1970年、おなじみのカラフルなお花のロゴになったのですが、
このロゴ、ある有名人のデザインなんです。

そう。
スペインの芸術家として有名な、「サルバトール・ダリ」なんです!

1969年に、チュッパチャップスの考案者、エンリケ・ベルナートが、
チュッパチャップスを世界に展開させるため、
世界的に有名なスペインの芸術家ダリに、ロゴについて相談しました。
フィゲラスでランチを食べつつ1時間そこら、、、
ダリが新聞の切れ端(ナプキンの端とも言われています)にスケッチを書き上げた
のが、このヒナギクをあしらったデザインだったそうです。

エンリケは、このデザインがとても気に入り、今のデザインになりました。
111022_2026~0001.jpg
そう考えると、私たちも、すごく身近にスペインの芸術に触れていたんですね〜
なんだかチュッパチャップスが高級キャンディーに見えてきました、、、
ちょっとチュッパチャップスを見る目が変わったハナでしたーー(長音記号2)


もっと詳しくチュッパチャップスの歴史を知りたい方はこちら↓↓るんるん
http://www.chupachups.jp/


posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。