2011年09月30日

GUCCI MUSEUM

こんにちは。
ハナです!

hana.JPG


今日はフィレンツェから最新情報があったので、
ご紹介しまするんるん


今年創立から90年を迎えるGUCCIは、数年前から自社美術館を構えるという夢を持ち続けていて
3フロアで1715平方メートルのこの空間に、自社の歴史が詰め込まれた美術館を完成させましたぴかぴか(新しい)
あまり大きくニュースになっておらず、なんだか”こっそり”オープンしたようです目


場所はフィレンツェのシニョリア広場、ヴェッキオ宮殿の陰に隠れるような位置にある、
Palazzo Mercanzia(メルカンツィア宮殿)。

古代ローマ劇場の跡に建てられた宮殿です。
もともと二つの宮殿から成り立っていて、ひとつはPalazzo Della Condottaで1337年から
傭兵隊総指揮本部が置かれていました。

その隣にあった小さめの建物に、ルネッサンスの時代に商業を生業としていた組合
(両替商、毛織物商、絹織物商、薬商)が入居していたことから、商業関係の事務所として
Palazzo Della Mercanziaと呼ばれるようになります。

商業の拡大を目的に拡張工事が行われ1362年に宮殿の下部が完成、
上部はコジモ1世の時代(1540年)にようやく完成となり、現在の大きさの建物となりました。
後にコジモ1世はこの宮殿内に塩関税事務所を設けています。

1647年に小間物商人のFelice Ferdinando Chellini所有となり
1773年に再び塩専売局によって買い取られています。
1808年にはナポレオンの統治時期に上層部をナポレオン所有とされたものの
1814年に再度建物全体がフィレンツェの所有となります。

その後も都市計画によって解体も何度か検討された建物で、
1871年には南脇を抜ける通りの拡張のため一部削られたものの
現在もほぼ1600年代の様相のまま残っています。
1871年の工事のときに、その下に眠る古代ローマ劇場跡が見つかっています。





内輪でのお披露目パーティは9月26日に盛大に行われ
9月28日から一般入場可能となっています。

美術館は、現在のグッチのクリエイティヴ・ディレクターである
Frida Giannini(フリーダ・ジャンニーニ)によって企画設計され
グッチのモットーでもあるFOREVER NOWを体現する空間となっているそうです。

若いころにはロンドンのサヴォイ・ホテルのリフト・ボーイとして働いた、
創設者Guccio Gucciになじみのある「旅」をテーマにした展示から始まり、
グッチらしいモチーフを集めた展示、歴代のバッグ類の展示などの常設展のほかに、
現代美術の特別展示用のスペースも用意されています。


ブックショップではファッションに関する書籍のほか、フィレンツェのために
Frida Giannini自ら手がけたというオリジナル商品などを扱っています。


また美術館入場とは関係なく、誰でも利用できるカフェも併設されているので
観光の合間の骨休めにも利用できそうです喫茶店


グッチ美術館入場料は6,00ユーロで、売り上げの50%は、
フィレンツェの重要芸術作品の保護&修復のための基金に寄付されるそうです。

興味のある方は行ってみてねるんるん

美術館のサイトはこちら→http://www.gucci.com/us/worldofgucci/mosaic/think_forever/gucci_museo
でも新しすぎて、オープン時間など詳しい情報は載っていないみたい。
現地スタッフが視察に行った際には、またレポートをお届けします!


場所はこちらから確認してくださいね。
Palazzo Mercanzia
http://www.palazzodellamercanzia.it/default_eng.htm
地図:http://www.palazzodellamercanzia.it/htm_eng/piante.htm



ハナでしたかわいい


追記です!

グッチ美術館のオープン時間などわからなかったのですが、
雑誌「エクラ 10月号」に情報が出ていました!

営業時間は 10:00〜19:00(Icon Storeは20:00まで、カフェは23:00まで) です。
お休みは不定休なので、訪れる際には気をつけてくださいね。


posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

旅博

こんにちは、クロです。

クロ.jpg


ハナのケンカ友達です。
前に一度登場したことがあったけど、
忘れてしまった人のためにもう一度自己紹介をします。

私はハナより年上で、
私のお母さん、お兄ちゃん、私と、3代にわたってハナの家にご飯をもらいにきています。
でも未だに人には慣れず、近くには寄るけど、触ろうとすると、絶妙な距離感で逃げます。

ハナは時々おやつにバッタなどを食べますが、私はキャットフードしか食べません。

なので一度、ごはんをもらえず、倒れかけたことがあります。
私のような外ネコは、大抵何軒かごはんをくれるおうちを確保していますが、
私は実はこの家一筋だったんです。
そこで、ハナが来た当初、家ネコのハナがひがむといけないからって、
おうちの人が私にごはんをくれなくなったんです。
そうしたら、見る間に瀕死の状態になってしまって。
そんな私を見て、「もう最後だから…っ」て、お母さんがごはんをくれたら、
すっかり元気になってしまい、今に至ります。

クロ3.jpg
このイスはいつもハナと取り合っています。
今日は私が確保!

今ではハナともつかず離れず、ほどよい関係を保っていますかわいい


そうそう、今日は、今週末に行われる『旅博』のご案内。
ホームページでも紹介していたからみんなもう知っているかな?
今年も昨年と同じく、お台場で行われます。
私たち旅専グループは、去年とは反対側のエリアにいるよ!
是非遊びにきてね!

今年の旅博のテーマは、「旅は世界を元気にするぴかぴか(新しい)」です。
ほんとにその通りだね!
会場では、各ブースを周るとスタンプがもらえる、パスポート型スタンプラリーだったり、
(*残念ながらビッグツアーのある旅専はスタンプ対象外です。)
ヨーロッパの街並みを再現した、「Go Around!!The Europe」などなど。
「Go Around!!The Europe」では、来場者がヨーロッパをじっくり歩いている気分になるように、
いろいろと工夫をしているんだって。

そして忘れちゃいけないのが、味覚で世界を感じる体験レストラン
例年と同じく、有名ホテルの出展も見逃せないけど、
各国の変わった料理もいろいろ食べてみたいよね!
今年は、ガーナ料理だったり、チュニジア料理だったり、
ハンガリー料理、ペルシャ料理、イスタンブール料理などなど、
普段あまり見かけない国のお料理がたくさんるんるん
いろいろ試してみてね!


ー(長音記号2)そんな旅博は、下記の日時で開催されますー(長音記号2)
JATA 旅博
日時:2011年 10月 1日(土)、2日(日)
場所:お台場ビッグサイト
時間:10:00〜18:00(2日は17:00まで)
入場料:大人 1,200円(前売り 1,000円)
     学生   600円(前売り   500円)

詳しくはこちら:http://www.tabihaku.jp



是非きてね〜るんるん
クロ2.jpg
posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

イタリアの展覧会!

みなさん、こんばんは。
シンです。
友達から、お菓子をもらっちゃいました。

DSC_0035.JPGDSC_0044.JPG

わかるかな・・・写真が下手で、僕。
ニャンコのクッキーです。
共食いになっちゃいそうで、僕にはとても食べられない・・・。

ところで、今日から『世界遺産・ヴェネツィア展』が
両国にある江戸東京博物館で開催されるのを知ってるかな。
かなり充実した内容で、関連のガイドブックなんかも出版されているみたい。

ヴェネツィア共和国黄金期の13世紀からルネサンス時代〜18世紀に至る各時代の作品全約140点が、
日本初公開作品も含めヴェネツィア市立美術館7館他から出品されます。 
歴代のヴェネツィア総督肖像画や、華麗な貴族の生活などヴェネツィアの栄華の歴史に触れる作品から、
ティントレット、カルパッチョ、ベッリーニなど、ヴェネツィア絵画を代表する芸術家達の作品まで、

アドリア海の女王ヴェネツィアの美をこの機会にぜひご堪能下さい。 
 ★公式ホームページ  http://www.go-venezia.com/index.html 

 東京会場: 江戸東京博物館 1F展示室 
      (東京都墨田区横綱1-4-1) TEL:03-3626-9974
 東京会期: 2011年9月23日(金)〜12月11日
       9:30〜17:30(土曜日19:30まで)
       入館は閉館の30分前まで。(節電等の状況により変更の場合有)
 
東京のあと、名古屋(2011年12月22日〜2012年3月4日)、
仙台(2012年3月17日〜5月13日)、松山(2012年5月26日〜7月16日)、
京都(2012年7月28日〜9月23日)、広島(2012年10月6日〜11月25日)
と日本各地で巡回されます。(展示作品は一部変更があります。)
 情報:イタリア政府観光局

それから、もうひとつ僕がきになってる展覧会をご案内しちゃいます。
現在、東京国立近代美術館の工芸館で
イタリアの陶芸家 グェッリーノ・トラモンティ展をやっています。
色遣いが独特で、僕も作品を見るのが楽しみ。
exhb_226.jpg
展覧会の詳細はこちら↓
http://www.momat.go.jp/CG/tramonti/index.html

食欲の秋もいいけど、今年は芸術の秋にしてみようかなと思っているシンでした。


posted by まろ・はな・しん&仲間たちです。 at 22:43| Comment(0) | ヨーロッパ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。